スポンサーリンク

エラーコード L8 は圧縮機過負荷(電子サーマル作動)となります。

 

 

圧縮機の電流値が一定値を越えた状態がしばらく続くと電子サーマルが働き停止します。

 

想定部品
  • インバーター圧縮機
  • インバーター基板

 

電子サーマルとは保護装置の一種で高い電流(アンペア)が流れている状態が続いた時に機器保護する為に働きます。
L8の場合、25アンペア位?以上(ビル用マルチエアコンでの計測数値、圧縮機の容量・機種によって違う)が何秒か続いたらサーマルが働いて異常停止するようです。

 

 

実際にL8異常で点検した際、インバーター圧縮機に29アンペア位流れている状態が続いて異常停止してます。

 

ビル用マルチにてL8からU4に変化した機械があるのですが、圧縮機絶縁不良にて漏電ブレーカー作動して室外機の電源が落ちて通信不良になった。

 

ということは圧縮機の絶縁が低下していた可能性があるとみます。
もしくは電流値が高い場合、圧縮機内部の軸がダメになってしまい回転する時に力が必要になるから電流値が上がってしまうのでは。
(圧縮機の専門家では無いので推測です)

 

 

こんな感じですので点検時に確認している事は、

 

  • 圧縮機絶縁
  • 三相の抵抗値が均等か
  • インバーター基板チェック
  • 運転してみてインバーター圧縮機の電流値確認(三相とも)
  • 異音
  • 周波数
  • 圧縮機へかかっている電圧がUV・VW・UW間でバランス取れてるか

 

を確認して総合判断してますが、診断は難しいですね。
可能なら両方交換が良い。

 

 

※関連記事
ダイキンエアコンの修理費用

 

スポンサーリンク