ダイキンエアコンの故障・悩み解決サイト

ダイキンRZYP160Hのインバーター基板良否判定


テスターを使って測定した、機種ごとのインバーター基板の実測値を紹介します。

スポンサーリンク

旧基板にて測定した結果を掲載しています。
(旧インバーター基板が故障していない事を確認済みです。)

 

 

デジタルテスター使用(抵抗レンジのダイオード測定モード)

測定1

テスター黒 テスター赤 測定値

C+

U

0.419V

C+

V

0.419V

C+

W

0.419V

 

測定2

テスター黒 テスター赤 測定値

C−

U

1.9V

C−

V

1.9V

C−

W

1,9V

 

測定3

テスター黒 テスター赤 測定値

U

C−

0.419V

V

C−

0.419V

W

C−

0.419V

 

測定4

テスター黒 テスター赤 測定値

U

C+

1.9V

V

C+

1.9V

W

C+

1.9V

アナログテスター使用(kΩレンジ)

測定1

テスター黒 テスター赤 測定値

C+

U

50kΩ

C+

V

50kΩ

C+

W

50kΩ

テスターを当てていると、どんどん抵抗値が増していき、最終的に50kΩ付近まで値が上昇しました。

 

測定2

テスター黒 テスター赤 測定値

C−

U

2.9kΩ

C−

V

2.9kΩ

C−

W

2.9kΩ

 

 

測定3

テスター黒 テスター赤 測定値

U

C−

50kΩ

V

C−

50kΩ

W

C−

50kΩ

測定@と同じ現象。

 

測定4

テスター黒 テスター赤 測定値

U

C+

2.9kΩ

V

C+

2.9kΩ

W

C+

2.9kΩ

スポンサーリンク

トップへ戻る