ダイキンエアコンの故障・悩み解決サイト

デジカメを使ったリモコンの故障判定方法


デジカメを使ったリモコンの故障判定方法

スポンサーリンク

リモコン本体の良否判定方法ですが、
リモコンの判定方法の1つとしては赤外線が出ているかどうかです。

 

赤外線はリモコンのボタンを押した時に出力されるのですが、当然そのままでは出力されているかどうかなんて分かりません。

 

しかし、デジタルカメラを使えば赤外線が出ているかどうかが判別出来ます。

 

 

方法

まずデジタルカメラをご用意下さい。
(携帯・スマホ等のカメラ機能ではダメです。ちゃんとデジタルカメラを用意して下さい。)

 

 

次にデジタルカメラを起動すれば撮影モードに普通なりますよね。
そのままです。

 

調べたいリモコンの赤外線送信部分(リモコン上部側面に、黒い半透明部分・もしくはちっこい電球みたいなの有りますよね?)をデジタルカメラの画面に映るようにして下さい。
そしたら送信部分が映っている状態でリモコンボタンを押してみましょう。

 

リモコンボタンをポチポチ押しながら赤外線送信部分をカメラの画面越しに見ると、薄紫色(青白い?)に光るのが見えます。

 

光っていれば一応リモコンから赤外線が出ているという事です。

 

 

ここで注意点ですが、色々なボタンを押して光るのを確認して下さい
リモコンで運転出来ないなら運転ボタンをちゃんとデジカメで確認しないとダメです。

 

 

これでリモコンの良否判定は一応可能です。
一応と言う表現をしているのは絶対では無いからです。

 

この方法はボタン押してもまったく光らなければリモコン不良だと言えるのですが、光っている場合は絶対リモコン大丈夫とは言えません。
ですので判定材料の1つとして使うのが良いでしょう。

 

 

整理すると、

 

 

  • 光らない→リモコン不良です。(リモコン電池は買ってきたばかりの新品が条件)
  • 光る→リモコン不良・エアコン本体の受光部分・基板不良のどれか

 

 

という状態までしか分からないです。
赤外線光っているけどリモコン不良ってのも結構有りますので。

 

リモコン電池も注意して下さい。
まとめて買ってきて引き出しにしまっておいた電池。
使ってない新品だけど、買ってしばらくたっている電池は放電している可能性が有りますから。

 

 

 

試した事はないのでアレですがテレビのリモコンとかも確認出来る筈です。

スポンサーリンク

トップへ戻る