ダイキンエアコンの故障・悩み解決サイト

エアコン修理はどこに依頼すれば良いのか


壊れたら非常に困るエアコンですが、はたして故障した時には一体どこへ修理依頼すれば良いのか?

スポンサーリンク

エアコンが壊れた時ってどこに修理を頼めば良いのか結構迷いますよね?

  • 買ったところ?
  • メーカー?
  • 近くの電気屋さん?(エアコン屋さん?)

修理にどの程度費用がかかるかも不安だし、ちゃんと直せるの?って感じだし。

 

修理をどこに依頼するかという問題ですが、結果から言うと、

 

メーカーに依頼する

 

が一番手っ取り早いのではないでしょうか。
その理由は3つ有ります。

 

 

メーカーが手っ取り早い理由@

理由その@は技術・知識・経験です。

 

技術・知識・経験の3つを合わせてサービス能力とでも言いましょうか。
基本的にサービス(修理の事)の最高峰はメーカーです。

 

もちろんメーカーではない一般の空調屋さんにもサービス能力に優れた人はいます。反対にメーカーサービスだからって、全員が優れている訳ではありません。

 

しかし、知りえる機器情報や、年間でこなしている修理件数が全然違いますので修理に慣れています。
もちろん一般の空調屋さんの中で、サービスに優れた人を見つけられれば全然メーカー依頼でなくても問題有りません。

一応言いますが、メーカーサービスマン=メーカー社員では無いです。
もちろん社員もいますが、殆どは協力会社の人間です。言うなれば普通の空調屋さんです。

 

しかし、なかなかメーカーサービスじゃない一般の空調屋さんの中から優れた人がいる所なんて探すのが難しい。
それなら最初からメーカーに依頼するのが一番手っ取り早いのです。

 

 

メーカーが手っ取り早い理由A

理由そのAは、スピードです。

 

一般的にエアコンシーズンでの修理の話ですが、
修理にかかる日数が違います。
基本的にメーカーは受付の時に聞いているエラーコードや症状、その機種で修理に使われた部品種類の統計などを元に、想定部品を持参してきます。
ですので、初回点検で直る可能性も有ります。

 

しかし、一般の空調屋さんなどは一度点検をしてから部品を発注しますので、部品交換が必要な故障は後日再訪問に必ずなります。おまけに一番厄介なのが、診て貰っても分からないからメーカーに依頼しますってなった時です。
結局メーカー呼ぶなら、最初からメーカー呼んだ方が早かったじゃんって事になります。
(もちろんタイミングや故障箇所によっては一般空調屋さんの方が早い時も有る事も理解下さい。)

 

 

メーカーが手っ取り早い理由B

理由そのBは、金額です。

 

もし修理金額をチョットでも抑えたいなら、一般の空調屋さん(メーカー依頼せずに自分トコで直せる所)へ依頼するのが、おそらく一番金額抑えられる可能性大です。

 

しかし理由@でも言いましたが、問題なく修理できる空調屋さんを探せるかが課題。
それと結局メーカー依頼になると大体メーカー修理金額に1割ほど自分の会社の取り分が乗っかるので、メーカー直で頼んだ時より高くなってしまいます。

 

じゃあ、安い可能性もあるけど高い可能性もあるならメーカー依頼が一番手っ取り早いって事です。

 

 

まとめ

上記の理由から、メーカーへ依頼するのが一番手っ取り早いという事になります。

 

しかし、どこかの空調屋さんに一括で面倒見てもらっておいた方が楽って場合は、メーカー依頼では無く、修理の出来る空調屋さんを探す方が良いと思います。
良い会社を見つける意味で敢えて一般の空調屋さんに頼んでみて、自社完結で修理完了まで出来る所を探すのもアリだと思います。

スポンサーリンク