ダイキンエアコンの故障・悩み解決サイト

エアコンのガス補充料金


エアコンが効かない時に考えるガス補充。いったい料金はどの位掛かるのかを紹介。

スポンサーリンク

エアコンが効かない、ガスが無くなっちゃったかも。

 

 

 

エアコンが【冷えなくなる・暖まらなくなる】と、ガス補充を考えますよね。

 

 

ガス補充って、車の場合はガソリンスタンドとかで見かけるのですが、エアコンの場合っていくら位掛かるものなのか?。

 

 

そんな疑問に対して説明したいと思います。

 

 

 

エアコンガス補充料金イメージ

エアコンのガスチャージ(補充)料金は、以下の内訳となります。

 

 

  • 技術料
  • フロンガス代
  • 残ガスの回収費用一式
  • 出張費
  • 諸経費

 

 

これに、消費税をプラスした料金となります。

 

では、各料金の詳細を説明します。

 

 

 

技術料

ガス補充に掛かる技術料は大体、以下のような感じでしょう。

 

ルームエアコン
10,000円〜15,000円

 

一般的な業務用エアコン
15,000円〜25,000円

 

ビル用マルチ
20,000円〜50,000円

 

充填する量や、設置して有る場所によって差が出るでしょう。

 

 

 

フロンガス代

フロンガスは、ガスの種類によって料金が違います。

 

一般的に、エアコンに使われている冷媒(フロンガス)は、【R22・R410A・R32】です。
R407Cというガスも短期間だけ使われていましたが、メインは上記3種が圧倒的です。

 

では、ガスの料金です。

 

種類

1kg単価

R22

3,000円

R410A

6,000円

R32

6,000円

 

上記の金額は大体のイメージ価格です。
業者によって多少違うのですが、おおよそ料金は上記の辺りでしょう。

 

 

お使いのエアコンによって必要なガス量が異なり、

 

ルームエアコンの場合は、600g〜2kg程。

 

一般的な業務用エアコンの場合は、1.5kg〜5kg程。

 

ビル用マルチ等の大規模な業務用エアコンの場合は、7kg〜50kg程。

 

 

 

フロンガス充填量は、室外機に記載されてますので確認してみましょう。
(ビル用マルチの場合、記載されている量より多く必要となりますが、説明は割愛。)

 

 

ビル用マルチなんかは何十キロも入っているので、仮にR410Aが20kgならガス代だけで12万円も掛かります。

 

 

残ガスの回収一式

回収に関しての説明は、ちょっと難しい。
業者によりけり、ガス量によりけり。

 

 

ルームエアコンなら15,000円〜20,000円くらい。

 

一般的な業務用エアコンなら、20,000円〜40,000円くらい。

 

ビル用マルチなら30,000円〜ガス量による。

 

 

回収量によって、処分費等も変わってしまいます。
適当な参考くらいに思って下さい。

 

 

因みに、追加補充を望んでいるのに残ガス回収?が必要になるのは、フロンガスの種類によっては追加充填出来ないからです。

 

それと、追加充填に対しての考え方の違いも有ります。

 

 

ここら辺の話しは別記事で紹介しますね。

 

フロンガスの追加充填(チャージ)について

 

 

 

出張費

適当で申訳有りませんが・・・業者次第ですね。

 

 

諸経費

・・・業者次第で。

 

 

ガス補充料金の合計

料金をまとめると、以下のような感じです。

 

ルームエアコン
(ガス量R410A 1kgイメージ)

 

追加充填だけなら20,000円位で、回収も必要になると50,000円近くなる。

 

 

一般的な業務用エアコン
(ガス量R410A 4kgイメージ)

 

充填だけなら50,000円位で、回収も必要になると80,000円近くなる。

 

 

ビル用マルチエアコン
(ガス量R410A 6kgイメージ)

 

充填だけなら安くても70,000円位で、回収も必要になると安くても100,000円。
40kg位だったら、4〜50万コースに。

 

 

 

因みに、業務用エアコンは法律で追加充填が禁止されてます。
厳密に言うと、ガス漏れしている機械に追加充填する事が禁止されている。

 

ガス補充が必要になるという事は、基本的にガス漏れしているので修理してからでないと充填してはいけませんので、漏れ箇所の修理費が別途必要ですよ。

 

業務用に関しては、修理費の中で掛かるフロンガス部分での費用として参考にして下さい。

 

 

エアコンのガスに関する費用は、ガス量によって大幅に料金が変わるという事を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

トップへ戻る