ダイキンエアコンの故障・悩み解決サイト

エアコンのポンプダウン方法


エアコンのポンプダウンって?やり方は?

スポンサーリンク

エアコンのポンプダウンって知ってますか?
ポンプダウンとはエアコンのフロンガスを室外機内に戻す作業です。

 

新品で出荷されてきたエアコンのフロンガスは室外機内に閉じ込められてきます。
エアコンを取り付けて、真空乾燥後に閉鎖弁を開けてフロンガスを開放するのですが、引越しや買い替え等で取り外したい時とか出てきます。

 

その時、そのまま外してしまうとフロンを大気中に放出してしまいますのでポンプダウンをします。

 

 

参考図

ポンプダウンのやり方

ルームエアコンを例に説明します。

 

まずは冷房運転でエアコンを作動させます。温度設定を一番下げましょう。
(冬などの場合で冷房が動かない時は試運転モードで)

 

そのまま少し運転していた方が良いです。
(そのまま少し運転しておくのは現地配管内とかに残っている油を少しでも室外機に戻す為です)

 

次にゲージを取り付けておく。

 

そして、運転したまま室外機の右脇に閉鎖弁というバルブが2つ有ります。
閉鎖弁のキャップを両方取ると中に六角で開閉出来る弁が有ります。
左周りで開・右回りで閉です。

 

液側閉鎖弁(液側⇒細い配管)を六角で絞めこみます。

 

するとゲージの圧力がどんどん下がっていきますので、0を下回ったらガス側閉鎖弁(ガス側⇒太い配管)を絞め、ゲージが戻らなければ完了です。

 

 

ゲージが無い場合

液側閉鎖弁を閉めた後、そのまま5分程運転したままにしておきましょう(ルームエアコン)。
5分も運転していれば完全にフロンは室外機へ戻りますから。

 

しかし、注意点としては圧縮機がちゃんと作動している事、圧縮機が圧縮不良で壊れていない事。
(始めに少し運転しておいた時にしっかり冷えてきていたなら大丈夫だと思いますが自己責任で)

 

 

業務用エアコンはE4異常で停止しますので、ポンプダウンスイッチを押してポンプダウンする。
または、半分くらい閉めておいて停止したら一気に閉めると良いでしょう。

スポンサーリンク

トップへ戻る