ダイキンエアコンの故障・悩み解決サイト

エアコンのショートサーキットとは?


ショートサーキットすると冷えないよ。エアコンの前に障害物を置かないようにしましょう。

スポンサーリンク

【ショートサーキット】

 

 

ドレンポンプとフロートスイッチ
ショートサーキットとは、エアコンから吹き出した風が障害物に跳ね返り、すぐに吸い込み口へ戻ってしまう現象。

 

 

上の画像は、室内機の下に置いたタンスを例としてショートサーキットをイメージ化しています。

 

吹き出した冷風・温風がタンスの天板で跳ね返ります。
跳ね返った冷風・温風がスグに室内機へ戻ってしまいます。

 

吹き出したばかりの風は冷たい(暖かい)のです。

 

その風がスグに室内機へ戻ると、部屋が設定温度に到達したと勘違い。

 

エアコンは吸い込んだ空気温度が設定温度に到達した場合、サーモオフするようになっています。

 

結果、全然冷えない・暖まらないという結果となります。
(エアコンの近くだけ冷暖房されている感じです。)

 

 

エアコンは、部屋の空気を循環する事によって冷やしたり暖めたりしています。
よって、風の届かない場所は効きません。

 

吹き出した風の妨げになる物が無いようにしてください。

 

障害物となる物が移動困難な場合、風の向きを調整してショートサーキットしないようにして下さい。

スポンサーリンク

トップへ戻る