ダイキンエアコンの故障・悩み解決サイト

ダイキンRYP63PTでE5エラー圧縮機交換



スポンサーリンク

今回の修理はダイキンRYP63PTでE5エラーが出ているとの依頼です。
E5異常(圧縮機過負荷)の想定部品は、

 

  • 圧縮機
  • ガス欠
  • インバーター基板

 

と言う感じです。
まずは室外機運転状態を確認しました。

 

室外ファンが回り始め圧縮機が作動したのですが、すぐ変な音がして停止状態です。
変な音とは耳を圧縮機に近づけていないと聞こえないのですが、こんな感じです。

 

シュルルルーっと圧縮機回転音

ピーーピロピロピロピー
(表現が難しいのですが、例えるならFAXの音みたいな感じ。)

 

この音になった時は圧縮機ダメです。
念のためインバーター基板の抵抗値確認しましたが問題無さそうです。

 

お客さんは修理か入替かで悩みましたが、修理するとの事なので後日修理となりました。

 

 

交換部品が揃ったので修理へ。

 


こちらが修理するダイキン製RYP63PTです。
業務用スカイエアですが、サイズはルームエアコンみたいなものです。

 


外板を外した状態です。小さいのでゴチャゴチャしています。
今回は圧縮機と基板両方交換します。

 


上部にあった基板ボックスを取り外した状態です。
圧縮機の左に見えるシルバーの仕切り板と右側板を外すと作業がやりやすくなります。

 


圧縮機防音材を取り外し、吐出管と吸入管を切断しました。
分かり辛いですが、赤いマルで囲っている部分が切断箇所です。

 


交換する圧縮機を取り外しました。

 


左が古い方で、右が新しい方です。

 


圧縮機を設置し、溶接・真空・ガスチャージして完了。

 


一緒に交換する基板です。

 

 

部品交換完了して試運転実施。
エラーも出ず、問題なく圧縮機が動作するようになりました。

スポンサーリンク

トップへ戻る