ダイキンエアコンの故障・悩み解決サイト

ダイキンRJ160LでE3エラー



スポンサーリンク

今回の修理はダイキンRJ160LでE3エラーが出るとの事です。

 

早速現地で確認。
運転をかけてみると・・・普通です。
E3なので高圧圧力を見ていましたが1.8Mpa位で安定しています。

 

冷房運転なので室外機の熱交を確認するもそこまで汚れていない。
ファンモーターも問題なく回転している。

 

こういうときは、消去法で確認していきます。
想定は、

 

室外熱交
室外ファンモーター
基板
高圧圧力開閉器

 

のどれか。
まずは、圧力開閉器の確認をします。
圧力開閉器が何Mpaで作動するかを確認するのですが、方法はファンモーターのコネクターを抜く。
そうすると圧力がどんどん上がっていきますので、ゲージを見ながら停止する圧力を見ます。

 

2.8Mpaで停止・・・問題無しです。(冷媒R22)

 

熱交・ファンモーターは問題無しなので残るは基板。

 

 


これです。

 


基板を取り外しました。

 


裏側を見るとファンモーターのコネクターを差す部分の半田が飛んでます。
これが原因でファンモーターが上手く回らなくなるのでしょう。(点検時は回転してました。)

 


半田を盛り直し。
これで問題なしです。半田修正後1時間ほど運転してみましたが問題無しです。

 

再度、半田が早期に飛んでしまったら基板交換をします。

スポンサーリンク

トップへ戻る